07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

おしとーる!

2人で書いたり書かなかったりするブログ

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2009.06.19/Fri  09:59:57

 
 
 

トラックバックテーマなんてあるんだなぁと。
何を書くかってのは最大のテーマなんだろうなぁ。
正直見せる気がないっつうか。相手がいないっつうか。
ブログとかネットとか、そういうもののあり方から外れてるせいか。
あんましテーマだのなんだのを気にしたことがない。

ちなみに今回はこんなテーマらしい → 第757回 「もうすぐ皆既日食!」

文字を見た瞬間につまりなんのことを言ってるんだろう?って感じになった。
しっかり読んでみりゃ「かいきにっしょく」なわけで。
つまり月と太陽が重なって黒く見える・・・んだっけ?
あんま気にしたことない事象だから曖昧。

事象自体には興味がないってことで。文字でもばらしてみるかなと。
まぁ1日中暗いとかそういうことなら興味も出るんだけど。
黒く見えるっていってもなぁ、太陽なんて見ないし。

皆→全部
既→?
日→太陽
食→月に食べられたように見えるから

既ってなんぞやってことなんだけど。
「既に、太陽が、全部、食べられた」ってことになるのかな。
気づいた時にはこうなっていたから既ってことなのかな?

現代だと皆既日食予報とかもあるらしく。
気づいたら太陽がなくなってたってよりは、徐々になっていくものって感じがする。
事実トラックバックテーマで「もうすぐ皆既日食!」なんて待ち遠しいみたいな感じすらあるけど。

どうしても語感に違和感が出てるなぁと思ってしまう。
「気づいたら太陽がなくなっていた!」
「何か恐ろしい力が働いて太陽がなくなってしまった!」
って印象を皆既日食って言葉から受けるわけだけど。
現代の「太陽が月に隠れる面白い日!」っていう印象と「皆既日食」っていう言葉とでは釣り合いが取れていないような感じが否めない。

あんま広げるのもあれだから少なめにするけど。
言葉は不変、言葉の指す事象も不変なんだけど。
言葉が与え得るイメージってのはその言葉を受ける人間の持つ感性や常識なんかに左右されるわけで。
ずっとずっと同じ言葉ってのも微妙なんじゃないかなぁと思ったりする。

とはいえ。
別に中身が変わったわけじゃない。
皆既日食は今も昔も皆既日食なわけで。
今と昔のイメージの齟齬を理由に一々変化させていたらキリがないわけで。
そういう見地からすると言葉を変化させるより個人の主観との齟齬を埋めていく方がいいんだろうなぁと思う。

Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。