FC2ブログ
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

おしとーる!

2人で書いたり書かなかったりするブログ

2008.08.08/Fri  11:53:50

 
近づく限界 
 

とかいいつつまた書き溜めておいた記事。
リトバスのネタバレあるから格納することに。

これでやっていない人にはほぼスッカスカの記事に。
上手くまとまらないんだけど。

古式って死んだのかな。
死んだ説も死んでない説もあって。
どちらも根底はしっかりしてるわけだけど。

個人的には死んでない派。
だけどそうなると墓参りはなんなのかってことになる。
見間違いなわけないと思うし。
んでふと思ったんだけど。

1週目が真実で2週目以降には演出があると考える。
これは製作者側じゃなくて恭介側。
1週目では助けてはいないわけだけど。
あのこと自体は謙吾の「すでに事なきを~」って発言から現実でもあったとする。
つまり謙吾は助けていないけど現実では事件があって誰かに助けられた。
とまぁそんな風に考えられると思う。

2週目では謙吾に助けられて恩義を感じる。
結果として以降自殺という手段に踏み切らなくなる。
現実でもし謙吾に助けられていなかったとしたら。
もしかしたら自殺してるんじゃないかなぁと思うわけで。
つまり現実では謙吾は助けない(教員連中が助ける)
結果その後も思い悩んで自殺。
こういう感じだったんじゃないかなと。

こう考えると馬鹿になったことに関しても一応説明が。

素直に行動→古式助かる、生きると約束
謙吾は俺は子供じゃないと発言してるわけですが。
子供のように行動して結果古式を助けたわけですから。
そうしても良かったんだと思ったんじゃないかと。
んで馬鹿にw

もう少し真面目に言うと。
やれることはいくらでもあるってのは謙吾自身の言葉ですから。
それを証明するためなのかもしれない。
というよりそれだけで十分な気もする。

集中力切れた。
もう続かんw

Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top