07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

おしとーる!

2人で書いたり書かなかったりするブログ

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2008.07.12/Sat  02:30:27

 
しぶさわ 
 

一方が助かれば一方が死ぬって話。
どちらも∞こんな感じになってて繋がってる。
Aを選べばBが死に、Bを選べばAが死ぬ。
そんな話。

救いようがないとも言えるし。
片方助かるなら御の字とも言える。
俺には判断つかないけど。

でもまぁ。
人生はそんなことの連続だと思う。
これが仮にAB両方助かるとしても。
多分それほど幸せな結末は迎えられないんじゃないかなぁって思う。
仮にこの後Aとの関係がこじれたとして。
きっとその時にはなんで助けたんだろうなぁって思うんだろうね。
助けられなかったらなぜ助けられなかったのかと悔やむのに違いないのに。

後悔ってのはつきもので。
ある意味では憑き物と言えるが。
過去を記憶する、過去から未来を想像する。
この2つの能力がある以上は後悔が生まれるのは仕方が無い。
俺が今から24時間後を想像するっていうなら話は別だが。
過去から見た今が未来であるというだけの話で。
過去とその未来である今を見て人が、
「あぁ、こうしておけばよかった」、そう考えるのはむしろ自然な流れだ。


あれだよ。
俺は今この話をどう終わらせようかと随分迷ってる。
パイポ吸って、音楽聴いて、サイトを回って。
そんなんでぐるぐる頭を回転させながらそんなことを考えてる。
実にめんどくさく煩わしい作業だ。

でも、でもだ。
俺はこの記事を書かなければ良かったとは思わない。
それは決して有意義だからじゃない。
書かなければ書かないで、書いておけばよかったと後悔するに違いないから。
もうどうやっても拭いきれないならどこかでそれを許容する必要がある。

まぁそういう話。

Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。