FC2ブログ
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

おしとーる!

2人で書いたり書かなかったりするブログ

2007.11.21/Wed  16:59:13

 
イカ焼き 
 

今頃のようにweb拍手に気がついた。


2つの理由から格納する。

1:文章の内容
2:長さ
思ったのがweb拍手って何さ?ってこと。

イラストサイトなんかでwed拍手を押すと画像が見れたりするのがあって。
それが凄く気になってたんです。
そうまでして押させたい何かがあるんだろうか?とね。

つまりアフィリエイトみたいな物なのかと思ってたんだけど。

調べてみるとこんな感じ。---以下wikipediaより---
>>閲覧者はこのボタンを通し、「拍手」やメッセージを管理者に送信することができる。
>>自らを名乗ることなくウェブサイトやその管理者に対して好意や声援の意思を伝達させるために、
>>だんでぃ(ハンドルネーム。以下提唱者)が開発した。

んー。
そもこういったことは良くあるけども。
例えばブログのコメントで言えば「匿名」だの「通りすがり」だのね。
ハッキリ言ってしまうがそれって物凄くくだらないことだと思うんだけどもどうだろう。

や、拍手は嬉しいけどね。
ちったぁ面白いと思ってもらえたならそれはいいことさ。

だけどさ。
拍手だから匿名って訳じゃないと思うんだよね。
それは別に「匿名」って書いたから匿名なわけがないし、
「通りすがり」って書いたから自分の匿名性が保たれるなんてのは安っちぃ安心感だと思うわけで。

実際はIPが記録されてる。
もちろんIPで分かるのは所詮微々たる情報なわけだが。
確実な匿名じゃない。
大体さ、適当なハンドルネームを使ったっていいと思うんだよね。
逆に匿名とかって書くこと自体にそうしなければいけない理由、
やましさっていうかさ、負い目に近い何かってのが現れちゃってる気がするんだよね。
もっと端的に言えば卑怯さというかね。
匿名やらなんだと書かないとてめぇの意見も書けねぇか、この玉無し野郎がとねw
まぁweb拍手ってのはいいもんだと思うけどね。
コメントなんてわざわざ書くのはかったるいしねw
俺も色々ブログを見て回ってるけどコメントを残すことなんてまずないしね。
クリックするだけってのは楽チンだ。
ところが書き手のモチベーションってのはこういったコメントやらに左右されることがあるわけで。

そも俺が今こうしてこの記事を書いてるのもweb拍手のお陰なわけだし。
1クリックでそういう効果をもたらせるってのは大したもんだなぁと。

で。
改めて最初の話に戻るんですが、本当に驚きです。
なんでイラストサイトのweb拍手は拍手押さないと見れない画像用意までして拍手を押させてるのか。
これが凄く気になってたんです。
最初に書いたようにてっきりアフィリエイトみたいな分かりやすい利があると思ってたんですが。

そういった物はないんですね。
コメントと同じ。
貰えれば嬉しい物、モチベーションを上げてくれるもの。
ただそれだけ。

コメントとかの反応が欲しいってのは俺も同じなんですが。
やっぱりそうまでして貰う物なのかという疑問は拭えないです。
そもそもそんなことをして貰ったコメントや拍手にそれほどの価値ってあるんでしょうかね?
自然と押した拍手やコメントにこそ価値があると思うんですが。
仮に本当に素直な感動から拍手やコメントをした人がいたとしても、
画像を置いたことによって陳腐な物に成り下がると思うんですがどうなんでしょうね。
つまりそのサイト自体の魅力じゃなく画像見たさになんじゃないかと言われてしまうんじゃないかと思うわけです。

似たような話がメダロットにありましたねw
ハンデの話。
ハンデをもらって勝ってしまったが最後、
仮に本当に実力で勝ったとしても世間一般に「ハンデがあったから」と後ろ指を指されかねないということですね。


さてと。
こういう記事ってのは得てして反感を買うものですw
普段は結構気を使ってたり。
例えば宗教系の話を書かないのもその辺の理由が強いですね。
大体人の意見なんてのは違ってなんぼ、違って当然なわけで。
そんなことは誰しもが知ってるある種の常識なわけで。
つまり言えば俺は俺の考えを誰かに強制しようとこの文やブログを書いてるわけではないんですが。

例えば宗教。
俺は特に信仰してるものはないですが。
仮に信仰している物があったとしても、
それに伴って他の宗教が邪教だからそんな物を信仰している異教徒は殺しましょう、なんて発想には至らないわけだ。

そこのところが分かってない人に噛み付かれることがあるんですよね。
痛いったらありゃしない。

良くある話ですが。
強盗なんかで一番怖いのは異常者だって言いますよね。
金やその他の条件で懐柔が出来ないですし、言葉も通じない。
外国人にも同じようなことが言えますね。
常識の違いや言葉の違い。

人の意見が違うこと、だから意見を押し付けようと書いているわけじゃないこと。
これは常識だと思うんです。
そもそも思想の自由なんかがありますし。
ところがこれが分かってない人間がいて今の世ってのはめんどくさいとしか言いようがないですね。
気を使って生きていかなきゃいけないことのめんどくささと言いますか。
それがネット世界まで入り込むことは物凄くめんどくさいですね。

俺はですね。
100人いて100人と仲良く出来るなんて毛頭思ってません。
そして100人いたら100人と仲良くしましょうなんて人間を信用出来ません。
そんなことはそもそも不可能なわけですし。
大体、人間なんてのは掃いて捨てるほどいるわけで。
誰も彼も仲良くしましょうなんてのは効率が悪い。
そもそもそれほどまでに愚かしいことってそうはないと思う。
更に言えばネットならなおさらなわけです。


眠くなってきたから半端だけど終わる。


Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top