FC2ブログ
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

おしとーる!

2人で書いたり書かなかったりするブログ

2011.07.28/Thu  18:51:51

 
ホッケー 
 

ホッケ美味かった。うん。
それだけのタイトルってのもどうなのかなって思う。
書きたいことが溜まったような気がするので、気の向くままに適当に。

夜間走行してみました。
19時ちょいだったので真っ暗というわけでもなかったんですが、
最近は微妙な天気が続いているので、雲が多く19時にしては暗かったです。
スマホホルダー付ける時にライトの位置なんかを弄ったせいで、
角度がかなり下向きになっていたので、ライトの明るさの確認も込めて、
角度変えて→走って→角度変えて→走ってを繰り返してみました。

流石に付属品だけあって光量はイマイチですね。
ハンドルバーと平行に取り付けて広く視界を確保するー、なんてことは出来そうにありませんでした。
1点に絞って光を当てるような感じなので、路面を照らすように取り付けたんですが、
平行にならないように取り付けると、照らす地点は最大でも目測7~8mとかそんなところでしょうか。
時速20km/hで走行したとすると、1秒間に5.6mほど走るわけですから、
7m程度先の路面状態が分かっても咄嗟にハンドルを切るとか、
そういうことは難しいかもしれません。まぁ要するに気休めですね。

まぁ自転車のライトは自分が居るっていうことを、
車なり歩行者なりに伝えるのが主目的だと思うので、さほど問題はないでしょう。

次はちょっとした疑問の話。
パチンコ屋さん、田舎なので一杯あるんですが、
今現在パチンコ屋に置かれているのは大体がパチスロらしいですね。
レバーを捻って弾飛ばして穴に入れるっていうオーソドックスなタイプは、
もう殆ど存在しないと聞きました。

そうすると自分の中のイメージでは、
レバーを捻って弾飛ばして、穴に入れるとスロットが回って絵柄が揃えば玉ジャラジャラ。
それがパチスロなのかなっていうことになるんですが、
今はレバー捻らなくても勝手に弾が出るんだとか・・・?
じゃあそうするとスロット止めるのがパチスロなのかな、と思うんですが、
パチスロってそういうボタンついていましたかね。
実物を見たことがないので曖昧なんですが、付いていなかったような・・・。
というか弾飛ばす要素が全自動ならはなからスロットやればいいじゃん!って思うんですが、
スロット要素は果たして存在しているのか。

謎だ。

次はまたチャリの話。
大きな池の周りをぐるーっと走ってきたんですが、
カラスさんがフナ?の死骸を啄んでいたりして、
景観的にも、臭気的にも、その近辺はかなり微妙なものでした(´ー`)・・・
道自体はかなり走りやすい部類だったんだけどなぁ。
適当に走りまわるというのも一つの手なのかもしれませんが、
やはり日常的に走りまわるならお決まりのコース!みたいなものがあるといいんですけどね。
まだ乗って数日なので中々見つからないw
そもそも地元なのに道とか地理とかが全然分からないという(´ー`)

んで最後に双眼鏡。
この夏最後の目標「双眼鏡を買う」なんですが、
中々これだな!と思える商品が見つからなくて、サイトを巡る日々。

口径はバランスの良さそうな30mm台で、
扱いが雑になるだろうことは容易く想像出来るので、出来れば防水仕様。
低価格帯だと性能はポロ>ダハ、自分としては見た目的にダハは考慮外へ。
素人なので、考えることはこのくらい。

◆候補No.1として挙がったのがVixenのアルティマ 8×32
2万付近の双眼鏡としてはトップクラスの性能らしい。
が、防水がついていないので迷う´ω`
◆候補No.2 Vixen ニューフォレスタ
アルティマ+6000円くらいのお値段。でも防水付き、スペックも大差なし?
でも見た目が´ω`
◆候補No.3 ニコン CF MONA8X36
ニューフォレスタと同じくらいのお値段、同じくらいのスペック。
見た目的にはこちらの方が好み。

この中から選ぼうかなーと考えていたんですが、
後にヒノデ光学という会社のサイトに辿り着いて、
色々詳しく解説が載っているので読んでみたところ、中々愛と拘りがあって良さそうだなぁーと。

思うんですが、
こうしてネットで物を買うことが割と普通になった時代というのは、
メーカーにとって結構いいことなんじゃないかなぁーと思います。
まぁメーカー公式通販とかって、市場を通していないのに、
市場を通している小売店より高かったりするので、特に利用はしないんですが、
その辺りの値段を調整するとか、あるいはサービスを良くするとかして、
もっと公式での販売率を伸ばせば、市場挟まない分利益も上がるんじゃないかなと。
まぁ小売や市場とのしがらみがあると思うので、中々そうしづらいのかもしれませんが。

でもリアルにせよ、ネットにせよ、
小売店とかで聞く商品の説明と、作り手側の人がする商品の説明とでは、
やはり説得力や魅力というのにかなり差が出るんじゃないかなぁと思います。
是非アマゾンで適当に双眼鏡の検索をかけて説明文読んで、
その後にヒノデ光学の説明文を読んでみて欲しいなぁーと思います。
恐らく自分の言わんとしていることがたちどころに理解出来るんじゃないかと。

物っていうのは作って終わりじゃないですから、
だからこそ作り手がいて、商売人がいて、という形が古来から続いてきたわけですが、
最近は例えばスーパーにいってみると、野菜の隣に生産者の方の写真と一言が載っていたりして、
そういう物の方が消費者の人に好まれる傾向があるようですし、
作り手側の人が愛を持って商品について語って売り出す、というのも1つのスタイルになりえるんじゃないかなと。

小売店なら口先が上手じゃないと難しいだろうと思いますが、
ネット上なら文章なので、いっくらでも推敲出来ますしね。
もっと公式通販とか盛り上がってもいいと思うんですけどね。
アマゾン強いもんなぁ。無理かな(´ー`)・・・

Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top