FC2ブログ
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

おしとーる!

2人で書いたり書かなかったりするブログ

2007.08.26/Sun  09:47:34

 
8月24日に書いたやつ 
 

2007/08/24


ふと夏休みの日記帳よろしく書き始めてみようと思ったんだがやめた。

何月何日晴れとかね。

そう書きたかったのは山々なんだがイマイチその先を浮かべることが出来なかった。
こうして後から使えることならきっかりやっておけばよかったのかもしれない。

夏休みの日記をつけた記憶がない。
宿題として出ていなかったのか、
それともやらなかっただけなのか。

俺の性格がめんどくさがりなだけにどちらの可能性もありうる。

ちと暗い話し?になる。

服について親に咎められた。
汚いらしい。
自覚はあったんだけど。

それを捨てろと言うからちょっとムッときている。

因みに自覚があるくらいだからマジで汚い。
捨てろってのも分かるくらいにはね。

何故捨てたくないかって話なんだけども。

俺はそもそも服に対する拘りがない。
言われているのが部屋着だからなおさらなんだけども。
誰に見せるわけでもない服だから汚くてもいいじゃないかと。

これは親に対する建前ね。

俺の本音は同じようなのを探すのがかったるいから。
これだけ。

大体そんなもんに時間を割くだけ無駄って考えだからさ。
着れるもんを捨てて新しいのを買いにいく。
俺にとってこれほどめんどうなことはない。

しかも誰に見せるわけでもない服だしね。


俺の私服に対する意識の薄さってのは育った環境のせいな気がしている。

小学の頃からそうだったんだけども、
どうにも外で遊ぶってことが殆どなかった。
というよりも学校の友人と遊ぶこと自体がまず滅多になかった。

いくつか理由はある。

小学では通っている学校のせい。
俺の住んでいる辺りから通う人間があまりいなかった。
つまり家が皆離れてた。
土曜も学校あったしね。

中学は部活のせい。
お盆正月いれても10日も休みがなかった。
俺はその部の初代の部員なんだけども。
その代で全国大会までいったくらいだからね。
当然練習もハードだった。

年間通して10日だし、
土曜も日曜も最低でも午前か午後は練習がある。

そんな状態で誰が遊びたくなるんだろうね。

制服とジャージとユニフォームがあれば世はこともなし。

高校でも同じ。
別にきつい部活ではなかったけどね。

俺にはもう友人と遊ぶっていう習慣がなかった。

どれだけ休みがあってもそう。
家で何かをするだけ。
それを疑うことすらなかった。
もう当然っていってもいいくらいだったし。

高校では尚のこと家の方向が同じ奴がいなかったてのもあったけどね。

もう友人と外で遊ぶってこと自体に興味がなかったとしか言いようがない。

誘いがあっても断った。
知らないことばっかだったからね。
未知ってのは怖い。

断る内に誘われることすらなくなって。
まぁ結局そのまま。

3年間クラスの人間は殆ど変わらなかったけど、
誰の家の場所も俺は知らない。
これは例外なくね。

そういう奴もいるんだろうけどやっぱ異常なんじゃなかろうか。

仲が悪かったとかそんなことはなかったけどね。

ちょっと遅かったのかなぁって思う。
そういうものに対する興味がもう完全になくなってたから。

エロゲーやってたりすると羨ましくなる。
青春を描いてるのが多いからね。

友人とか恋愛とか。
すごい普通なことのはずなのに。
すごいすごい遠いことに感じる。

だからすごいすごい羨ましいけど。
でもやっぱ遅いんだと思う。

んでまぁ大学はいって。
親しいやつもいないし、作ろうとも思わない。

想像つくかどうかは分からんけど。
俺は大学で完全に一人っきりです。

話す奴が全くいないってわけじゃないけどね。
何を話せばいいのかも分からない。
それくらいに相手のことを知らない。

知りたいって思えない。
大学って一人でもどうにでもなるしね。

それとまぁやる気がないってのもある。

元々大学行きたかったわけじゃない。
大学出とけって言われて渋々。

文系のが得意なんだけど。
情報のが技術が身につくんじゃないかって思った。
俺は意味がないことってあんま好きじゃないから。

実際入ってみて完全に萎えたけどね。

高校とやってることに差がないんだよね。
一体どこで使えるんだろってことばっか。

俺が入りたくて入ったわけじゃないのに、
そのことに関してうるさい。
入ったのは俺の決断なわけだけど、
俺に入らない選択肢をくれなかったのになぁ。

やっぱ家族は好きじゃない。
なんでああも干渉してくるんだろ。

後はまぁ免許取れって言われてる。
車のね。

理由がないことは好きじゃないから取ってないんだけども。
必要だから必要だからってしつこくてイライラしている俺がいる。
明確な理由が欲しい。

生活用品やら食料やらは生協で買ってるから車いらんし。
行きたいところもないし。
通販って手もあるし。
大学は徒歩で20分だし。
雨降りゃ傘させばいいし。

将来必要って言われてもね。

俺がそんな曖昧な答えで納得するわけもなく。

ほんとめんどい。
ツーカーだったらいいのに。

俺のこともっと分かってくれてたらよかったのに。


まぁそんな愚痴。
誰に言えるわけでもないから。
誰もまともに見ないだろうここに書くわけです。


あぁ。
そういやあまりの暇さに1日で2冊も本読んだ。
「切れない糸」ってのと「子羊の巣」っての。
どっちもミステリなんだけど。
すごく面白いよ。

推理物って捕らえたらイマイチって言われるかもしれないけどね。
なるほどって思わされることが一杯詰まってる。
ジャンルで括ることも必要なのかもしれないけどね
この本はミステリ自体に主眼が置かれてはいないのかなぁって俺は思う。

作者さんの言いたいことって言えばいいのかな。
そういう物が伝わってきてよかった。


Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top