FC2ブログ
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

おしとーる!

2人で書いたり書かなかったりするブログ

2007.08.02/Thu  06:36:14

 
何故かまた感想 
 

いいんだよっ!何度でも言いたいんだよ!言わせろ!

っつーわけで何故かmixiでものっそい長いリトルバスターズ!の感想を書いてしまった。
ここで書いた感想を転載するって手もあったんだけどね。
書いちゃった。

すごい書けてるから転載。
これからやる人は見ない方がいいですよ。


ってわけでこっちでは書いてないリトルバスターズ!の感想とレビューを書こうかと。
レビューの方で書いてもいいんでしょうがまぁこっちで。
ブログにも書いたんですがコピーや転載、参照は一切なし。
今浮かぶフィーリングのままに書き連ねたい。


ミッションスタートw


シナリオは個別が微妙。
個人的な順位をつけるとならば、
:西園美魚
:三枝葉留佳
:神北小毬
:来ヶ谷唯湖
:能美クドリャフカ

こんな感じ。
下にいくほど微妙と感じたのは言うまでもないか。
好きなキャラはまた別だけどね。
単純にシナリオの出来を見るとこんな感じかなぁ。

棗鈴ルートに関しては個別って感じがしない。
感じがしないっつーかもう個別じゃないっつーか。

大本のルートに個別ルートが食い潰されてます。
ネタバレになるのでうまく言えないんですがちょっとなぁ。
仕方ないと言えば仕方ないんですけどね。
大本のルートの後に個別ルートって手もあったんじゃないかと。
まぁそれをやったらリフレインの感動が壊れるんだろうが。


次に個人的に好きなキャラ順位。
:棗恭介、井ノ原真人、宮沢謙吾、直江理樹
:三枝葉留佳
:棗鈴
:神北小毬、クド
:来ヶ谷唯湖
:西園美魚

一番目なんだこりゃ\(^o^)/
男だらけw
前から思ってんだけどkeyの男キャラは魅力的過ぎると思うんだw
いつもに増して良かった。

何故、理樹もって感じはあるかもしれんねw
主人公らしく?個性にはかけるなw
でもすごく頑張ってたしさ。
作中でも言われてるけど守られてるね。
恭介と謙吾はそれが強いね。
真人は2人ほどではないと思ったけどね。
それはなんというか。
恭介と謙吾が保護者的なのに大して真人は友人って感じか。

後これは考えすぎの気もするが理樹が好かれるのには、
他の人と決定的な違いがあるからなんだろうね。
これはネタバレになるからきっかりは表現出来んが。
やった人には分かるだろうけどそれは鈴も同じね。

んー。
鈴はあれだ。
仲間っつーかほんとの意味で守られてたというかね。
もちろん仲間なわけだが。
お泊り会とかラストの小毬とのやりとり見てるとやはり変化はあるように思える。
理樹の場合はお泊り会断って野球板とかあるしね。
肝試しは絆スキップあるしw

葉留佳はアレだな。
もう完全にやられました。
まず口調w
なんか面白いw
声優さんが上手いってのもあるな。
ヨとかのカタカナとかね。
シナリオの展開的にも好きだなぁ。
あれくらいドロッとしてるのが好きだわ。
変にいい人ぶらないっつーか。
あれだけ汚い面を持ってる方がなぁ。
更に言えば根本が悪いというより環境やらのせいだしね。

んで鈴。
こっちも独特ですねw
純粋ですよね。
物凄く。
理樹との携帯とのやりとりが何とも言えなかった。
早く助けてあげてくれと。
(∵)とかΣ(∵)とか(TT)これか。
なんていうんだろうなぁ。
すごいストレートだよね。
まぁそこが魅力なんだと思う。
故にああいうことになっちゃうんだろうが。

因みに鈴2回書いてるのは間違いってわけじゃないからね。

小毬とクド。
なんだろうw
評価に迷うw
嫌いじゃないんだけどね。
声に馴染めなかった2人かもしれない。
馴染めなかったというのは違うか。
どっちも高いんだよね(∵)
耳が痛くなるから苦手w
更に言えばシナリオがね。
2人もいいキャラであることは間違いないんだけどなぁ。
いまいち出し切れてないっつーかね。

唯湖。
・・・。
・・・・・・。
一番期待してたんだけどなぁ。
そうだなぁ。
まず話し方を難しくしすぎ。
現実味が薄れるっつーか。
それは他のキャラでも言えるか。
堅苦しいんだよなぁ。
ちゃらけてる時は好きなんだけどなぁ。
それ以外の時はちょっとね。

んでみおっち。
個別シナリオで一番好きなのにキャラで一番下って一体w
嫌いじゃないですよ。
他のキャラのが好きってだけで。
理樹が短歌見っけた時は嬉しかったなぁ。
というかあの短歌いいねw

シナリオは出来の良さ、キャラは気にいったの順なんでですかね。




ここからネタバレを含みます。




大本のルート、
ここではリフレインということにするか。
俺としては鈴ルート全部を大本のルートとして捉えてるけども。

良かったです。
物凄い破壊力でした。
過去最高です。
ありえないくらい泣きました。

真人かっこよかったなぁ。
ある意味一番大人だったね。
真人の暴走は最初訳が分からなくてびびったけどさ。
上にも書いたけど理樹の友達って感じ。
他の人が違うとかじゃなくね。
ルームメイトってのもそうだしね。
一番近いっつーか。
最後まで中立ってのは理樹を信じてるからなのかなぁって思う。
バスで理樹を守るのも真人だしね。
イジメの時も筋肉わなないちゃってるしw

謙吾は一番以外だったなぁ。
最初のイメージは一番大人だったんだけど。
思ったより子供な面があったね。
もちろん大人な面もあったが。
引き止めて遊びたかったってのが子供な面。
守るってのは大人な面。
理樹は子供(息子とかって意味の)って感じか。

恭介はアレだ。
てっきり何か企みでもあるのかと思ってしまったw
あるにはあったけどね。
優しい物だったぬ。
謙吾が親なら恭介は理樹の兄といったところか。
恭介も謙吾も保護者的立場といえば同じだけどそういう意味では違いがあるね。

基本はこの3人がメインだと思う。
理樹と鈴も成長したけどね。
まぁこの3人が凄すぎたというしかない。

とにかく凄かった。
最後に相応しい最後といったところか。


とまぁこれはルートとしての評価。


ゲーム全体としたらこのルートはちょっとなぁ。

個別ルートの殆どをなかったことにするエンドだからね。
もちろんエンド後にはクドの祖国の事件とか葉留佳と佳奈多のこととかは解決したって描写はったけどね。
ちょっとなぁ('A`)

唯湖はその後があるにはあったけど決定的に短いかな。
鈴の方もどうなんだろうなぁ。
どっちにせよなかったことにしてるのは間違いないわけだし。

ルートとして見たら最高でした。
が、1つのゲームの歯車と考えるなら不味いかなぁ。


個別ルートが物足りなく感じるのは多分これが原因だよなぁ。
俺はCLANNADの再来っぽいのになればなぁって思ってたから尚更物足りなかった。

共通ルートが長いからね。
CLANNADの共通ルートは春原のラップ消す辺りまでだしね。

そこら辺が随分違うよなぁ。

小ネタはどれくらいあるんだろうね。
筋肉ルート、肝試しの組み合わせ、テセウス選び、野球、ランキング、ラブラブハンターズ、演劇。

こんなところか。
まだ細かいのは結構あるけどね。
目立つのはこんなもんか。

筋肉ルートは面白かったw
肝試しはあれだ。
やっぱ小毬とかの悲鳴が耳に痛いw
テセウス選びはクドのプロポーズにびびったのと葉留佳のうんちゃらざぷーかw
野球はコンボ13までいったなぁ。
もちろん勝った。
セリフ多すぎて見切れてない気がするけど。
ランキングは実は斉藤を見れて無い\(^o^)/
1位になって満足してさすらうのを止めてしまったw
ラブラブハンターズは一応全部見たね。
ロマンティック大統領があまりに脆いからワロタw
演劇はみおっちの変わり様がΣ(∵)

その他小ネタ多数。
ミニゲームもそうだしね。
100回嫌だ記念とか。


相当長くなってきました。
まだ続く辺りやべぇです。

音楽はヴォーカル曲軒並みいいですよ。
Song for friendsがすごいね。
シナリオとリンクしてるから泣けるわ。

CGはー。
誰が誰を書いてるんだろw
分かっているっちゃいるんだけどね。
間違ってたら恥ずかしいじゃないw
パンツとか普通に見えてますね。
普通に見えてるのに逆にどう考えても見えるだろって場面で見えてないこともあって違和感が強いです。
どっちかに統一すれば良かったのに。

個人的な予想はいたるさんが小毬、葉留佳、唯湖、理樹、恭介。
Na-Gaさんが鈴、美魚、真人、謙吾。
多分こうかな。
女性キャラは書いてあるけど男キャラだけ書いてないからさ(∵)


後はkeyの今後。

麻枝さんがライター引退なのかな。
明確にそうとは言ってないわけですが。
うーん。
風来記で鳥のさんも引退を仄めかしてるしなぁ('A`)・・・

あー、アレだ。
keyってそういうのサッパリ伝わってこないよね。
公式で告知がないよね。
ブログも長いこと放置されてたしさ。
リトルバスターズは無事発売されたわけだが、
これからもブログ頑張って欲しいなぁ。

寂しいってのと不安ってのがある。

今回はリフレインがあれだったから個別ルートは微妙だけどね。
それをなしにした時にどうかって話。
多分それがなかったとしてもちょっと微妙だったんじゃないかなぁと。
頑張って欲しいところですね。


後そうですね。
基本的に世界の秘密や理樹が強く生きると決める時に語りかけてくるのは恭介ですよね。

でも俺には最後の最後に語りかけてきたのだけは麻枝さんなのかなぁとか思えてしまいましたw
恭介じゃ説明がつかない気がしますし、
何より今までのkeyなら麻枝さんならなかったんじゃないかなぁと思うんです。
あの選択肢自体が。

これで満足か?という問いかけは麻枝さんからプレイヤーへの問いかけだったように感じました。

批判もあると思いますけどね。
良く言われる奇跡の大安売りってこと。

俺は小毬の映画に対する感想がそれに対する物だと思ってます。
フランダースの犬のやつね。
悲しいお話を誰かが救ってあげようと思ったってやつ。

つまりそういうことなんじゃないかなぁと。
選択肢とはつまりチャンスです。
奇跡の大安売りが嫌なら選ばないことも出来るわけですしね。


まぁなんのかんの言いつつ楽しかったですw
しばらくは色々と物足りなく感じる日々が続きそうですね。
これを超える物ってそうそうなさそうですし。


Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top