12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

おしとーる!

2人で書いたり書かなかったりするブログ

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2010.01.27/Wed  22:38:59

 
月綺麗 
 

今日は楽しかった。

ようやくこの生活も終わりを迎えるということで。
終わることばっか考えてこの数日を暮らしていました。
その現れが例えば就眠時間の早さですね。
大して何をする気にもなれず、21時くらいには眠りにつくという。
今時の小学生以下のような感じ。

今日は明日、この一ヶ月一緒にやってきた人が帰るので。
お別れってことで外でご飯を食べることに。
俺はそういうことにちっとも慣れてないんですが。
甲斐甲斐しく面倒見てもらったりして楽しむことが出来ました。

その後は皆で銭湯へ。
風呂って一人でのんびり入るものだと思ってたんですが。
人と広いお風呂でのんびりするのも楽しいですね。
サウナが我慢対決場のようになっていたのも面白かったですw

牛乳なんかも売ってたんですが。
個人的に茶とかコーヒーの方が好みなのでアメリカンのブラックを。
喉を潤しつつ、子供のように氷をガリガリ。

そして今に至る感じですね。

俺も後2日と半分くらいでこの生活が終わるんですが。
すごく貴重な一ヶ月だったなぁって思います。
特に同じようにやった人とは仲良くなれましたし、
人生初の寮生活ってのも経験出来ましたしね。

最初の一週間がすごく長くて、
後の時間は結構すぱーっと過ぎてしまった感じがあります。
なんか家に戻ってベットに寝転んだら固い枕とか恋しくなるかもしれないなぁとか思ってます。
朝とかの何気ない瞬間に家族以外の人がいるってのも結構いいものですし。

良いも悪いもあったけど楽しい一ヶ月でした。

Written by T.I
スポンサーサイト
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 2
go page top

 

2010.01.24/Sun  18:09:14

 
回線 
 

後6日で戻るので。
回線の申込でもせんとなと。

光使いたいような気もするし。
ADSLで十分な気もするし。
さして決定的な良さがあるわけでもなく。
致命的な欠点があるわけでもなく。
申し込んでから工事までの日取りを考えればさっさと申込むに越したことはないと思うんだが。
依然として迷っている俺がいる。

プロパイダはso-netにしようかなと。
まぁやっぱ料金は安い方がいいですしね。

後はなんだろ。
暇なので戦女神2と幻燐の姫将軍2を購入。
エウシュリーのゲーム久しぶりです。
戦女神2をクリアしたんですが、いい出来ですね。
戦闘システム馴染めないかなぁと思ったんですが。
そんなこともなく、楽しむことが出来ました。
残念なのは魔法が微妙になってくること。
合成が限定的でやりづらいこととかかな。
空帝戦騎みたいに周回する意味があると良かったんですが。
ストーリー的にそれも難しいししょうがないのかな。

Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2010.01.23/Sat  21:47:37

 
どうやら 
 

デスクトップのマザーボードが壊れちゃったみたい。

修理費たまるまで当分ノートずら。

category: くそいぬ
TB: 0  |  COM: 8
go page top

 

2010.01.14/Thu  20:22:35

 
生活 
 

のベースラインは綺麗。

飯を食うのがめんどい。
疲れてる時って飯食うのもだるい時があるんですよね。
まぁ一息つければそんなでもないんですが。
そういう自由のないスケジュールで動いているので。
どうにも気分が乗らないまま飯ってことも。
そういう時はめんどいので飯を抜いてしまいます。

が。
後からお腹空くので。

一杯買ってみましたw
ででーんw

箱のところで影絵の狐やったんだけどうまくいってないですね´ω`
CA370003001.jpg

4個入り買うのもチョコ以外のを買うのも初めてですw
なので味くらべという意味合いもありますね。
ちなみにびみょーになんですが成分違うみたいですね。

4個で一日に必要な営巣夜の半分を確保出来る?みたいです。
1日分となると8個ってことになるようですが。
それでも800kcalってことで。
ダイエットにも向いてますっていうCM通りなんだなぁと。

味気ないので苦手って人もいるようですが。
豪華なカロリーメイトってのもあんまり浮かびませんよねw
個人的には味気ない方が味があるというかw

そういえば載せ忘れていたんですが。
犬がドライアイスでホバークラフトを作ろうという企画を提案してくれたんですが。
移動でドライアイス大半が気化という事態になりまして。
なんかもやっとw

CA370002001.jpg

すんごい少ない\(^o^)/

CA370001.jpg

Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2010.01.13/Wed  19:15:29

 
頭ん中空っぽ 
 

どっかに落としてきちゃった?
っていうセリフが好き。

紙媒体か電子媒体かっていう話があって。
一長一短だよなぁって思う中唐な俺。
家で読むなら紙媒体。
でも外でも読むとなると電子媒体。

重量。
何冊も持ち歩くとやはり重みがある。
摩耗。
鞄に突っ込むとくちゃっとなるし。
大きい本とかは結構くたびれてしまう。

電子媒体はデータ損失とかが気になるところですかね。
現状では大して売られてないとかもありますが。

後はまぁ電子媒体で本を読むとして。
ハードがなんになるかってことですよねぇ。
本読むためのハードがあんまり高いと微妙ですし。
個人的にPCで本を読もうっていう気にはあまりなれません。
PCのモニタは横に広すぎるんですよねぇ。
なんかあまり文字だけを見るためには向いてないと思えるので。

しかし携帯は携帯で微妙。
今度は逆に液晶小さすぎるんですよね。
最近の携帯はテレビとかカメラとかもありますが。
そういう面で見ても正直あの液晶の小ささは微妙。
かといって大きくなればポケットに入らず携帯しづらいし。
なんで流行っちゃったのかなぁという感じ。

電話、メールだけ携帯で、
後の機能をもう少し大きめのPDFとまではいかないけどノートPCほどでかくもない。
そんな複合機器に持たせてくれたら良かったのになぁとか。

まぁ携帯って携帯を売るだけじゃ赤字らしいですし。
そんな複合機器が出たとしても無駄に高そうですけどね。

後アレだ。
64bitOSってのが出てきてますが。
32bitOSとどう違うんでしょうね?
メモリを一杯認識出来るってことしか知らないんですが。
流石にそれだけってことはなさそうですし。

Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2010.01.10/Sun  11:25:58

 
ソーメン食べたい 
 

昨日は酔について書いたんですが。
もう少しだけ書くことが。

十角館の殺人読了。
デモンベインも一応終了。

どちらもネタバレ風になるので注意。

まずデモンベイン。
まだいろいろ残っていそうなんですが。
エンド2つ見たのでとりあえずは終了かなと。
全体的によく出来ていたと思うんですが。
文章がちょいくどいですね。
当て字とかすごく読みづらくてその辺が大変でした。
後自己修復出来るならアイオーンも直せないのかなぁと・・・w
まだムーンチャイルド計画とかよくわかっていないんですが。
もう少し別の進み方をするとわかるのかな。

そして十角館。
これは冒頭のエラリイのセリフが響きました。
ミステリに対する姿勢のことが言われていますが。
俺もしっかりした姿勢で臨むべきだったのかなと。
驚ければいいなっていう感じで、物語を受け入れるだけじゃダメなんでしょうね。
中途半端に楽しめた感じになってしまいました。

守須≠モーリス・ルブランっていうのは分かってたんですけどね。
河南の行動力旺盛ってのが強調されていたので、
河南の読み方を変えてコナンっていうんじゃなく、
行動力旺盛だからホームズ、コナンという感じで。
エラリイもそういう感じでしたしね。
名前の変化というよりは印象から決定されるんだろうなと。

後もう一つ。
モーリス・ルブランってアルセーヌ・ルパンで有名なので。
名前は知っていて守須と見てすぐモーリス・ルブランと浮かんだんですけどね。
ミステリ作家だったかな?と。
そういう意味もあって、
河南→コナンがミスリード。
守須≠モーリス・ルブラン。
ここまで分かっていてなんでこの先に考えを伸ばさなかったのかなという感じです。

考えなかったことで一番大きかった弊害は距離感。
クローズドサークルっていう概念に囚われすぎた感じですね。
島から出る手段はない、島へ渡る手段もない。
この状態を打破しようという気が一切なく。
本土と島の距離もさっぱり分かっていませんでした。
行き来出来る距離ということが分かっていれば自ずと答えに辿りつけた可能性もあるんですけどね。

後あの一文はさほど驚きませんでした。
全く予想外だったので驚かなかったわけじゃないんですが。
隠された11部屋目、ホールの下で皆の様子を伺っていたかもしれない誰かの存在。
これにゾッとしすぎてあの一文に驚けなかった感じ。

しかしまぁ。
勝手に思っていた印象と違って面白かったですね。
全体の文章は2度改訂されているようなので。
それに関してはなんとも言えないですね。
俺が読んだ新装改訂版は読みやすく面白かったです。
また、解説でも書かれているように本土と島との描写で飽きさせないという工夫もすごくいいですし。
すでに出来上がっているクローズドサークルという土台。
これを逆手にとった大胆なメイントリックは非常に鮮やかでした。

後これは本とはあまり関係ないかもしれませんが。
綾辻行人さんという方はもっと巨匠然としていてかっちりした人物なのかなと思っていたんですが。
あとがきを見た感じでは案外とりとめもなく文章を書かれる人なんじゃないかな?という感じもあって。
それもまた本文とのギャップがあって面白かったですねw

Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2010.01.09/Sat  22:59:27

 
初めての酔 
 

えーと。
俺らしからぬ感じなんですが。
飲み的な物をしまして。
したたかに酔ってる感じです。

わりかし強いんじゃないかなぁと思ってたんですが。
ワイン 11% 180ml
チューハイ 8% 500ml
サワー 5% 350ml
ビール 5% 350ml半分。

自我的には特に変化ないように思ってるんですが。
体の方は大分左右にぐらぐらとしてます。

以前、焼酎を水で割ったの2杯飲んでそれがMAXだったんで。
それを超えていった感じですねぇ。
まぁ焼酎は割ってもらったものなんでどの程度の濃度なのか俺は知らないんですが。

特に気分悪いこともなく。
文章的にはどうなのかな?
おかしなところありますかね。
特になければ身体的にぐらぐら来る程度の酔ってことで。
まーだもう少し余裕あるんでしょうね。

なんか飲みってのもがあまり好きじゃなかったんですが。
のんびーりとしながら人と飲むってのもそれほど悪いもんじゃないんだなと。
まぁ財布の具合と体のぐらつぎ具合的にはあまり頻繁にやりたいもんでもないですが。
必要以上に構える必要もないんだなと。

今んとこ眠くはないんですが。
酔ったまま寝るってのにも興味あるんで寝てみようかなと。

まぁそんなこんなでおやすみなさい。

Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2010.01.07/Thu  19:56:47

 
ホテルジューシー読了 
 

缶詰2日目にして読み終えてしまいました。
こりゃー今後が怖いです。

なんつーか。
作業も疲れるっちゃ疲れるんですが。
ルーティンワークなので基本的には没頭出来て時間が過ぎるのが早いなって感じです。
そのためわりかし長めだろう休憩時間をしっかり使おうという感じに。
そうなってくると本のストックがちょっと危ないんですよね。

っと。
感想を書くつもりだったんだっけ。

なんというかこれまでの作品とは違ったタイプの作品だなという感じ。
シンデレラ・ティースと姉妹作だからってのもあるんでしょうね。
基本的に主人公のヒロちゃんが当惑する展開なので。
感情を引っ張られて結構モヤッとしてる感が長いですね。
それが1話毎の終盤でグッと変わってくるのでその瞬間がなんとも不思議な感じかな。


いぬが十角館押してくれてるので。
次はそれを読もうかなぁって感じもあるんですが。
another読みたい気もするし、別の読みたい気もするし。
魅力的な選択肢で迷うってのは素敵なことですね。

Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2010.01.06/Wed  13:21:50

 
缶詰スタート 
 

3ヶ月缶詰生活始まり始まりー\(^o^)/

とりあえず個室だったのは安心。
しかし諸々が寮生と共有らしく。
その辺が苦痛になりそうかなぁ。
とりあえず共有の部分はさっさと終えて部屋に閉じ籠もるスタイルになりそう。
相変わらずのひきこもり。

個室ってことで。
ノートPCじゃなくても良かったかもしれんなぁと思ってます。
まぁ後の祭りなんですけどね。

何事も初めてからのしばらくは辛いってことで。
折れないように息抜きまくっていこうと思います。

Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2010.01.06/Wed  08:42:13

 
携帯からの 
 

初めて携帯から更新する気がする。

うっかり忘れていたんだが。
わざわざ携帯使うほど書きたいことがあったんだ。

携帯内蔵の辞書が地味に便利だなと思ったんだけど。
やはり本読んでると辞書引きたくなるくらいに意味が伝わって来ない文字ってある。

んで引けるのはいいんだけど。
中には読みすら分からなくて調べることすら出来ないってこともある。

こういう時ってどうするんだろう?
やっぱ俺同様諦める人が多いのかね?

なんかうまい解決法ないのかなぁ。

後全く関係ないんだけど。
実家に戻ってみて田舎のコンビニは駐車場がめっさ広いことに気づいた。

書き手 T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2010.01.03/Sun  08:18:57

 
あだ名っていいよね 
 

とりとめもないことを、とりとめもなく書くことに抵抗を持つようになってしまって。
にっちもさっちもいかない感じでござんすってことで。
色々書き方を変えて変化を楽しんでみようかなと。

大して変化してないのはその根底ですね。
そもそもコルムオンラインというMMOの日記だった以前に対して。
今は雑多なことを雑多に書き散らかしているので。
見てもらおうという意識が全くないんですよね。
まぁ全くなければ抵抗を持つはずがないので。
多少は恥ずかしいといった気持ちがあるんでしょうけど。

今現在これといったMMOもないですし。
他に打ち込ん出ることもありゃしないので。
見られるということはあまり意識せずに。
自己満足のために書いていこうかなと思います。

思えばずっと2人で書いてきてるわけなんですが。
これは良かったんでしょうね。
何が、と言うわけでもないんですが。
1人で書いててもここまでは続いてなかったかもなぁと思ってます。

さてと。
これだけで終了ってのも味気ないので。
これまで全く書いてこなかったリアルのことでも書きますかね。

俺は努力なんかからは遠い位置にいる自堕落な人間なので。
リアルのことを書こうもんなら自分なり読む人なりがマイナスを感じ取りそうだなと思うんですが。
いい加減子供という領域は抜け出さないといけない時期なので。
大人とまではいかなくとも、子供よりは一歩先に進まないといけないなと思っています。

というわけで少しだけ将来のことを考えてこれから3ヶ月間缶詰になるわけです。

3ヶ月缶詰の内容は農業です。
まぁそれだけの期間じゃ覚えられることには限度があるとおもうんですが。
俺としては別にそこで何を学ぶかっていうのは重要視してません。
上にも書いたように俺は自堕落ですしね。
別に必要以上に高いところを目指してるわけじゃないので。
ある程度の生活が出来るくらいに働けたらいいなってもんで。

キッカケになるかな、という風に考えています。
3ヶ月実際に農業に携わって、それを足がかりに法人に就職してみるなり。
自分で畑を持って農家をやってみたりすればいいかなという感じですね。
いきなり就職!とか、いきなり畑を持つ!とか。
そういった気力やらは持ち合わせていないので。
まぁとりあえず3ヶ月やってみようじゃないのって感じです。

とはいえ。
いかに俺が逃げ腰の人間でもですね。
3ヶ月やりました、でも合わないので農業やりません。とかね。
そんなことはしない(というか出来ない)ので。
ある意味ではこれはその逃げをなくすための儀式みたいなもんだと考えてます。

問題はその後、就職するか、農家になるかですね。
就職は実際に農業やってから就活してみないと分からないので。
現状ではなーんも考えてない状態ですね。
講師の人になんか話を聞いてみてから考えようと思ってます。
今の段階で考えてみたってどうせ大した結果にはならないでしょうしね。

対照的に農家ってのは結構現実味があります。
自分の場合は祖父が農家をやっているので。
そもそも3ヶ月の研修を受けなくても、
そこでノウハウを教えてもらって継ぐという道もあったりします。
まぁ研修受けるってことを決めた後に、継いでもいいってことを知ったんですけどね。
てっきりダメなのかなぁと思っていたので考慮の外でした。

まぁ今更研修を辞退するってのもどうかなと思いましたし。
3ヶ月やって選択肢を増やしてみるのも一興かなってことで。
とりあえず研修はやってみますし。
その後のこともその時になってから考えればいいやって感じです。

ちなみに農家をやった場合なんですが。
8ハウスに2列ずつで800万、必要経費なんかをさっぴいて400万の儲けになるらしいです。
3列でも出来るらしいので3列やると単純計算で600万ですね。

大して知識のない現状で思うことなんですが。
まず農家ってのは年々昇給していくってことがないんですよね。
その代わりある程度のラインをずっと維持出来るという印象です。
特に倒産やリストラがあるわけでもないですし。
ノルマを出されることもなければ、人間関係があるわけでもなく。

俺は特別高い給料を望んでいることもなく。
必要以上に楽をしたいというわけでもないので。
倒産やリストラといったリスクがなく。
仕事の量もそれなりってのは願ったり叶ったりだなぁと思ってます。
まぁ楽して儲けられればそれが一番ですけどね。
そう出来るほどスキルがあるわけでもないので。
がむしゃらに働いて金を得るか、
適度に働いて時間を得るかだったら時間が欲しいなって側です。

実際ここ数日手伝ってみて分かったんですが。
肉体労働なのできついと言えばきつい感じでした。
ただ実際の労働時間はそこまで長くもないですし。
ちょくちょく息をつきつつ出来るので。
普遍的に思う肉体労働ほどきついわけでもないですね。
楽ってわけでもないんですけどね。

まぁとりあえずそんな感じの現状に身を置いています。
1つ気になることがあるとすれば住む場所でしょうね。
農家継ぐ場合は実家で生活することになるんですけどね。
まぁ結構自由がないなぁって感じなんですよね。
ただ家賃とかがいらないので、そういう意味では最高ですよね。
全部が全部うまく釣り合うことはそうないと思うので。
家に金を出して自由を得るか、多少の自由を犠牲にして金を得るか。
なんというか微妙な問題ですね。

初めて生めかしいリアルのことを書いてしまいました。
特に他人に誇ることがない自分なので。
書かない方が良い印象やらを保てるかなぁと思うんですが。
まぁそれじゃいつまで経っても距離もつまらないでしょうしね。
ちょいとさらけ出してみるかなってことで。

まぁこれからもよろしくどうぞ。

Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2010.01.02/Sat  16:25:31

 
シンデレラ・ティース読了 
 

ぼやーっと読み続けてシンデレラ・ティース読了しました。

やはり自分は坂木司さんの作品が好きなようで。
すらすらと読みきってしまうことが出来ました。
やはり1話完結型が性にあっているようです。

切れない糸でも思ったんですが。
やはりしっかりと作られていますね。
物語(プロット)がっていうわけじゃないんですけどね。
むしろ全体通してのプロットってのはあまりないですよね。
1話完結型って伏線張ってどうのってわけでもないですし。
だからこそ物語を織りなす登場人物とか舞台がしっかりしてなきゃいけないと思うんですが。
今回もその辺りの構築がしっかりなされているのがいいですね。

切れない糸の新井クリーニング店も、シンデレラ・ティースの品川デンタルクリニックも。
違和感なく作り上げられていてそれだけで楽しいなぁという感じ。

クリーニング店にしろ、歯医者にしろ、知れる範囲ってたかが知れてると思うんですよね。
でもそのもう一歩踏み込んだところの描写がしっかり行われていて、
それがささやかなんだけど楽しい発見という感じでいいですね。
まっさらな状態の主人公と同様の自分が、主人公と同様に身近なんだけど知らなかった世界を垣間見る。
まぁ主人公は垣間見るだけでは終わらないわけですがw

クリーニング店も歯医者さんも見方が変わったなぁという感じ。
というよりは少し視野が広がったとか、柔らかい見方が出来るようになったとか、そういう感じで。
坂木さんの作品にはそういう良い雰囲気があって、まったり読めるからいいですね。
ただまぁそれだけにシンデレラ・ティースはちょっと物足りない感じもありました。
もうちょっと文量欲しかったかなぁという感じですね。

後、立ち位置ってのもあるかもしれませんね。
お客さんがやってくるデンタルクリニックに受付の主人公。
集荷に奔走する主人公に受け取るクリーニング店。
商店街っていう世界を駆け回る和也とその日常の表現の方が広がりがあって楽しかったかなぁという感じ。

なんというか。
色々と考えさせられてしまって。
俺ももっと人と関わるべきなのかなぁとか思ってみたり。
これは関わらなくてはいけないってことじゃなく。
もっと人と関わって世界を広げていったら楽しいのかなぁとか、そういうことを思ってみたり。
あんまし閉じ篭りきりってのも良くないのかもしれませんねぇ。

後あれですね。
今回は解説が良かったw
解説って巻末にあるので、どうしても読了後に読んでしまうんですが。
読み終えていい気分なところに偉そうな、ともすれば作品へ否定的なことが書かれていれば、
どーにも苦味が残ってしまう感じが否めないので。
好意的な解説で良かったなぁと安心してしまいましたw

Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2010.01.01/Fri  12:07:43

 
あけまして 
 

おめでとうございます。
現在実家の方にいるんですが。
見事な快晴で気持ちのいい新年を迎えることが出来ました。
この文を見てくださった方々、今年もよろしくお願いします。

さて。
俺はこの手の行事に弱いので。
特に神社とかに行ったりすることもなく。
ぷらーっとコンビニにいって本受け取ってきて。
肌寒さを感じる中で読書をしています。

っと。
そういえばその話書いてなかったんだっけ('A`)

-綾辻行人-
 Another
 十角館の殺人
 時計館の殺人
-ハリイ・ケメルマン-
 九マイルは遠すぎる
-相沢紗呼-
 午前零時のサンドリヨン
-坂木司-
 シンデレラ・ティース
 夜の光
 ホテルジューシー

こんな感じで買ってみました。

キッカケは午前零時のサンドリヨン。
新聞の下の方の広告に載っていて興味を惹かれました。
後はそこから芋づる式って感じですねw

綾辻さんは有名だったので。
読んでみたいなぁという気持ちはありました。
ただ、現在の日本で言う”ミステリ”ってのは推理小説を指すと思うんですよね。
これに対して俺は探偵小説が好きなので。
そのミステリが推理小説になる大きな流れを作っただろう綾辻さんの作品。
果たしてどうなんだろうなぁ?という気持ちが強くありました。

ところがAnotherはホラーが主体のようなので。
むしろそっちの方に興味を引っ張られてしまって後2つはそのついでという感じにw
もちろん、これを機にこの妙ちくりんな苦手意識をなくしてしまおうって魂胆なんですがw

そういう意味では九マイルは遠すぎるは探偵小説って面を求めていました。
裏表紙にも書かれている、
「九マイルもの道を歩くのは容易じゃない、まして雨の中となるとなおさらだ」
この文章だけを頼りに前日に起きた事件を解決する。
まさに探偵小説家なって思ったんですが。
思った以上に推理小説という面があるというか。
短い文にある人の深層心理とかを上手く引き出していきますね。
こういう形も全然ありだなぁと驚いています。
まぁいささかあっさりしすぎているという感じもしますが。
この辺は好みってことなんでしょうね。

んでキッカケの午前零時のサンドリヨン。
まだほんの少ししか読んでないんですが。
あれですね・・・。
ハードカバーは読みづらい!w
これに尽きますね。
どうにも苦手ですw

最後に下3つ。
坂木司さんの作品はひきこもり探偵シリーズ、切れない糸と読んで。
そろそろ「この作家さんだから」ってことで買ってもいいかもしれないなぁという感じに。

あまりそういう盲目的な買い方って好きじゃないんですけどね。
たまには冒険するのもありかなってことで。
3冊買ってみることにw

どれも厳選したので面白そうな感じです。
後Anotherは分厚いですね。
装飾?もすごくてワクワク感が他のより高いですね。
まぁ長編嫌いはそれほど治ってもいないのでつまづく可能性が怖いですが。
厚めの本に抵抗ないってのはいいことですね。

最近の本ってのは薄く見せないと売れないなんてこともあるらしいですからね。
俺としては分厚い方がオトク感あっていいよってことをアピールして。
どんどん読みごたえある本出るといいなって思うんですが。

Written by T.I
category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 2
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。