FC2ブログ
06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

おしとーる!

2人で書いたり書かなかったりするブログ

2009.07.31/Fri  15:52:20

 
どうぁはー 
 

しばらくGFから遠ざかろうかなぁとか。
全くやらないってことは多分ないんですが。
大してやることもないだろうとは思ってます。

1つは今回の対応と見切り発車っぷり。
批判されるのは分かりそうなもんですし、取り繕うような対応もどうなのかなと。
対応の内容自体はいいとは思うんですが、ユーザーに意見されたからといってコロッと態度が変わるのもね。
以降別の件でも同様のことが起こるんじゃないかと思うとイマイチ運営を信用出来ないです。
良くも悪くも運営ってのは易々と姿勢を曲げちゃいけないと思うんですけどね。
これはパートナースキルも同様ですね。実装前にしっかり考えるべき。
眼力の回避25%もそう、いつまで間違った効果を残してるのか?
相手にしかかけられなくなったのもそう。
そうするなら事前に現状の仕様がおかしいとアナウンスしておくとか。
そういうことをしたりはしないんだろうか?
相手にしかかけられないっていう仕様は別にいいとも思います。
確かに誰にでもかけられたんじゃパートナーというシステムからは外れているような気もしますしね。
ただ、注意喚起や事前の調整やらを怠っていながら平然と仕様変更するのはいかがなものかなと。
今後別のことでもそういったことが行われるかもと思うといい気はしないです。

次に成功率100%系のアイテム。
「無課金で楽しみやすいからGFはいい」なんて評価を下す人がいますが。
俺としては”課金アイテムをゲーム内で売るというのはRMTと大差ない”という考えのためむしろ逆だなと思ってます。
「課金アイテムがなくても楽しめるからいいゲーム」ってことになるなら分かるんですが、
結局のところGFは「ゲーム内マネーで課金アイテムが買えるから課金しなくても楽しめる」
ってだけで、妙な錯覚している人が多いんじゃないかなと。
ラテールを指して無課金で楽しめるってのは分かるんですが、GFは違うと思いますね。

大体無課金と課金者の圧倒的な差がBF過疎化の大きな要因の1つではないでしょうか。
黄色武器を課金なしで作った人がどれほどいるのか。
会心ダメ8%を穴6全埋め、+9の装備品を課金なしで作った人がどれほどいるのか。
時間のあるなしの差を埋めるのが本来のアイテム課金のはずなのに、
課金すればするほど有利になるっていうのは少々おかしい状態だと思うんですよね。
事実課金アイテムのウェイトが重過ぎるあまりバランスが崩れてるゲームは多いです。
特に装備品とレベルで強さが殆ど決定されるRPGではそれが顕著なわけで。
だからこそ成功率100%なんていうアイテムはない方がいいと思うんですけどね。
そういうことを考えずに唯々諾々と動いてる人もどうかなぁと思いますし、
何より運営はコンテンツの消費を早めるだけってことに気づくべきなんじゃないかなぁと。
そういう意味では生産やらに影響を及ぼす課金アイテム自体がゲームバランスなどにとっては害悪ですが。

その内アップデートで神武器っていうきな臭い物が実装されるようですが。
現状の運営なら60以降の装備品にも使えるチャーム、神武器に使えるチャームも実装してしまうんじゃないですかね。
そうやってダンジョンにいって素材を集める、お金を稼ぐといったようなプロセスをぶっ潰して、
地図一辺倒、BF一辺倒みたいな飽きやすい流れを作ってしまうんじゃないかなと。

しかしまぁ相変わらずネガティブです。
否定的なことを書く方が楽ですからね。
といっても失望みたいなのが大きいのも事実ですが。
色々とネトゲをやってみて思うこととしてはですね、結局中身は大差ないってことです。
どのゲームも内容自体は大差ないので、表面的な物を頼りにゲームを選びます。
(例えばグラとか雰囲気とか基本的なシステム周りとか)
でも次第に見えてくるのは運営ですね。
ゲーム外の要素だけどゲーム内に及ぼす影響は一番大きいです。
どれも代わり映えしないゲームの中で何を持ってゲームを続けるのかといえば、
そこで築いたコミュニケーションとか、育てたキャラ、装備品とかいったものになるわけです。
そういったものが人の引退や後発武器・後発キャラとの性能差、、ハックとか。
運営のせいで崩されていくことってのは非常に多いので。
だからゲームを選ぶ際の要素で一番重要なのが運営だと思ってます。
長く続けようと思う上でアエリアはどうなんでしょうね。
俺は少々不信感みたいなのが増えてきてて嫌な感じです。

Written by T.I
スポンサーサイト



category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top