FC2ブログ
02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04

おしとーる!

2人で書いたり書かなかったりするブログ

2009.03.05/Thu  11:53:18

 
嘘とかほんととかー 
 

尿検査2時間前に事前準備として茶を飲みまくる。
開始1時間半前、トイレが我慢しきれなくなる。茶を体内に補充する。
開始1時間前、トイレが我慢しきれなくなる。体内に茶を取り込む。
開始40分前、トイレが我慢しきれなくなる。茶装填。
検査開始、メモリを見ていなかったため、規定量の倍はコップに入れる。看護師が苦笑いをする。

アホかと。


どうでもいい話。嘘と本当に対する考察。

「本当のような嘘」 「嘘のような本当」 この2つは厄介だなぁって思う。
んじゃどうやって対処すればいいのかなということを考える。

例えばなんだけど。
友人が宝くじで1億円を当てたという、本当か、嘘か分からない話。
まぁ9割くらい、あるいは9割9部9厘くらいで嘘だと思うんだけど。
この話で大事なのは本当である必要がないということ。
他人が宝くじを当てることを当てにして生きている人はいないと思う。
本当ならおいしいことがあるかもしれないけど、本当である必要はない。
それだけが大事なんじゃないかなぁと思う。

次に同じように9割くらい嘘っぽい話。
自分の乗っている電車、その電車に爆弾が仕掛けられていた。
やっぱり上の話と同じように9割くらいは嘘のような話。
けどこれがもし本当だったら、自分にどのような影響を及ぼすのか。
嘘であるに越したことはないんだが、本当だった場合のリスク。

嘘と本当の関係なんだけど。
話が嘘であった際のデメリットというのは少ない。
宝くじにせよ、爆弾にせよそうなんだけど。嘘だからといってどうということもない。
逆に宝くじは本当だろうと他人のことだから自分にメリットは少ない。
対して爆弾が本当だった場合はそれに対する対処を行えるわけで。

つまり本当だった場合に自分に与えるうる影響が大事なんじゃないかと思う。

やー。
これをもう少しうまく書いてくれる人はいないもんかなぁ。

Written by T.I
スポンサーサイト



category: せしぼーん
TB: 0  |  COM: 0
go page top